育児に理解ある薬局求人

育児に理解ある薬局を探すには?

子育て中の薬剤師さんにとっては、「育児に理解ある薬局かどうか?」が大切なポイントになりますね。

育児に理解ある調剤薬局なら、急な休みにもある程度対応してもらえますし、薬局近くの託児所や保育所が使えることもあります。

やはり子供が小さいと急な発熱、突発的な怪我もありますし、病院に連れて行くために仕事を休まざるを得ないこともあるでしょう。

その際、子育てに理解のない薬局だと、管理薬剤師や周りの薬剤師、登録販売者やアルバイト・パートスタッフとの人間関係が悪化することも充分に考えられます。

逆に子育てしながら働いている方が多い職場、先輩が同じ状況で薬剤師として働いていた場合は、育児に理解が深いと思いますので、時間的な融通も利きやすいと思います。

その辺りは仕事探しの段階で、しっかり確認すると良いですね。…とは言っても、ハローワークや転職雑誌の情報だけで「育児に理解ある調剤薬局かどうか?」は判断し辛いです。

実際に面接を受けて、最後の最後に「質問はありませんか?」と採用担当者に言われ、「育児中ですが急な休みを取れますか? 遅刻や早退はしやすいでしょうか?」と聞いた後、

「急な休み、遅刻や早退は難しいですね」

と言われてしまえば、それまでの努力が水の泡になってしまいますね。。

時間をかけて履歴書・職務経歴書を作成し、面接を受けるために時間を確保し、面接の印象がお互い良かったとしても、『育児に理解がなかった…』という部分で結局振り出しに戻ることもあります。

薬剤師紹介会社を利用しましょう

前述したような事態を避けるためには、最初から育児に理解ある調剤薬局を探すようにして下さい。その方法として、薬剤師紹介会社・派遣会社を利用すると良いですね。

紹介会社に登録すると担当者(エージェント)に相談することが出来ます。希望条件を伝えることで、それに沿った薬剤師求人を探してもらえるんですよね。

託児所ありの求人、薬剤師の人数が多い調剤薬局、午前中のみ3時間だけ働ける募集など、まずは条件面を整理した上で、薬剤師紹介会社を利用すると良いでしょう。

薬剤師紹介会社・派遣会社は無料で利用できますので、気軽に登録して頂ければと思います。

家庭と薬剤師の仕事を両立する働き方 おすすめ薬剤師求人サイト