薬剤師 転職

夫婦でのコミュニケーションが難しくなる

少し前までは、薬剤師に限らず女性は結婚が決まったら寿退社をして専業主婦になるという方が多かったようですが、不況の影響もあってか現在は結婚後も共働きをするという女性が多くなってきているようです。

現に、子育てをしながらもパートとして調剤薬局などで薬剤師として活躍する女性も数多くいます。

共働きをすることで、もちろん収入は増え家計はより安定すると考えられますが、女性にとっては辛い一面があるのも事実です。

男性と同じように仕事をしていても、家事は妻がやるものと思われ、なかなか自分の時間を持つことが難しい場合が多いようです。

最近では、男性も家事や育児に積極的に参加するようになってきていますが、それでもまだ家事は女性がして当たり前というような風潮があるように思われます。

また、夫と仕事の時間帯が違う場合は、生活リズムがお互いバラバラになってしまい、夫婦でのコミュニケーションがなかなか難しくなるでしょう。

そして、子供ができて育児をするようになれば、自分が働いている間は誰かに子供を見てもらわなくてはならなくなります。

保育所に預けたり、自分たちの両親に見てもらう場合が多いようです。

近くに両親がいないのであれば、保育所に入れざるを得なくなるでしょう。

しかし、現在はすぐに保育所に入れず待機児童になる可能性もあります。

仕事復帰することが決まっていれば、すぐに保育所を探さなくてはいけなくなるでしょう。

子供が小さいうちは、急な病気などで仕事を休まざるを得なくなる機会も多いため、職場の理解が得られなくては仕事を続けることが難しい場合があります。

共働きは難点ばかりではない

薬剤師として勤務している場合、所属している薬剤師が少ない職場では、なかなか急な休みに対応することが難しい傾向にあるようです。

それに自分が休むことで、他の薬剤師に大きく負担をかけることになるので、休みを取りづらいということもあるようです。

共働きをすることで、もちろん女性にメリットもあります。

家庭以外にも社会とつながりを持つことで、気分転換になったり、自信を持つことができるでしょう。

また、仕事の経験で学んだことが、子供の教育にもつながることも多いでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら