薬剤師 メリット

共働きする事で金銭的に安心を得られる

薬剤師に限らず、働く女性の多くは結婚したら仕事を続けるか専業主婦という道を選ぶか迷うでしょう。

以前は、結婚したら専業主婦になり仕事を辞めるというのが一般的でしたが、現在は共働きの家庭も多いようです。

もちろん家計のことを考えると、結婚後に女性も仕事を続けた方が収入は多く、有利と言えるでしょう。

子供の学費や、マイホーム購入、老後の費用などでお金がかかることも多いので、共働きで収入を確保しておく方が金銭的には安心を得られます。

また万が一、夫が病気やけがなどで働けなくなったときにも、妻が働いていれば家計を助けることができます。

正社員として働き続けることが難しい場合でも、他のパートに比べ時給の高い薬剤師という仕事であれば、家庭の仕事をこなしながらでも、短い時間のパート勤務という形で仕事を続けていくという方法もあります。

パート薬剤師の求人も東京のみならず、札幌、名古屋、福岡など全国各地で多くの募集があり、仕事は比較的見つけやすいのではないでしょうか。

調剤薬局だけでなく、場合によっては病院や企業でもパートという雇用形態で薬剤師を募集しているので、自分の経験や知識を生かした職場で働きながら、家庭と仕事の両立をしていくことができるでしょう。

現在のところは、薬剤師の就職は売り手市場にあり、自分の働きたいと思う条件にそった職場を探すことはそれほど難しくない環境にあります。

家庭のライフプランに合わせた働き方をする事が重要

子育てをしながら働くとなると、自宅と職場はできるだけ近いほうが良いでしょう。

また、薬剤師の在籍数が多いということも職場選びのポイントとなります。急な休みなどにも柔軟に対応しやすいからです。

薬剤師が少ない職場の場合は、自分が休んだ場合に他方に直接大きな負担がかかってしまい、なかなか休みを取りづらい場合が多いようです。

すべての条件を満たす職場は難しいと思いますが、自分がこれだけは譲れないという条件を満たす職場かどうかを考えて働けば、家庭と両立していくことはできるでしょう。

ただし、共働きをすることにデメリットはないか、といえばないとは言えないでしょう。

いくらパートとして勤務しているからと言って、社会人であり、さらには薬剤師である以上責任はあります。

自分がどのような生活を送っていきたいのか、それぞれの家庭のライフプランに合わせた働き方をすることが良いでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら