薬剤師 家庭と両立

産休・育休の制度や託児所を完備している薬剤師求人を探す

現在、薬剤師は男性が約3割、女性が約7割と女性が多く活躍しています。そのため、結婚や出産を機に退職もしくは転職をする方も多く、薬剤師の転職率の高さに関与していると言われています。

実際、子育ての間数年間仕事をやめ、薬剤師の仕事をまったく離れてしまうと、医療現場も変化し、新しい薬が多く登場し、仕事を復帰した時に苦労をすることもあるようです。

家庭を持った時に、うまく仕事と両立させていくためにどのようなことがポイントになるのでしょうか。

まず、会社の制度として利用できるのは産休・育休の制度です。

会社にその制度があるのかどうか、しっかり確認しておく必要があります。

産休・育休の間は、ある程度の収入は確保されるので、安心して育児に専念することができます。

また、転職するのとは違い、育休が終わっても同じ職場に戻ることができるので精神的な不安も少ないと思います。

しかし、産休や育休の制度自体は存在しても、実際に取りづらい状況や雰囲気の職場もあるので、育休制度を今まで使って仕事復帰した人がいる実績のある会社ほうが安心して制度を利用できるでしょう。

また、職場によっては独自の保育園や託児所を完備しているところもあるので、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

パートで働いている薬剤師も多い

また、産休・育休をとって仕事復帰することが難しい場合も、条件に合った職場を探し転職することで仕事復帰が可能です。

転職をする際の職場選びにもいくつかポイントがあります。

子育てをしながら仕事をしていく場合、職場が自宅に近いこと、薬剤師が複数在籍していて、急な休みにも対応してくれること、短い時間でのパート勤務が可能であることなどがあります。

また、パートとして働く場合は、扶養内の範囲で働くのかどうかということも、あらかじめ考えておく必要があります。

家庭も大切にしたいけれど、薬剤師としても社会に貢献したいと思う方も多いでしょう。

その時できる働き方で、薬剤師を続けていくという事が大切であり、自分のスキルアップにもつながるでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら