薬剤師 扶養

年間の収入をしっかり計算する事が重要

薬剤師は女性の割合が多く、結婚や育児をきっかけに正社員からパートへと勤務形態を変える方も多くいらっしゃると思います。

雇用形態を変えるための転職を希望される方は、多く、そうした方向けの薬剤師求人も紹介会社を利用することで紹介を受けることが出来ます。

パートの薬剤師として働く場合には、世帯主の扶養に入るか、入らないかということが一つの基準となります。

扶養の範囲内で働くには、税金(所得税や住民税)と、社会保険(年金や健康保険)がポイントとなってきます。

まず、パートで働いた場合の収入が年間で103万円以内の場合、夫の税金を計算する際に「配偶者控除」を受けることができます。

この103万円の内訳は、給与所得控除と基礎控除額であり、それぞれ65万円と38万円となり、その合計が103万円となるわけです。

ただし、配偶者の仕事が自営業による収入であった場合は、給与所得控除は受けられないため、収入が年間38万円以下でないと配偶者控除は受けられないことになるので注意が必要です。

次に社会保険についてです。夫がサラリーマンの場合、妻の収入が年間130万円以下の場合、健康保険の被扶養者になることができます。

収入が年間130万円を超える場合は、自分の勤務先で社会保険に加入するか、それができない場合は国民保健に加入します。

年金も同じように、年間の収入が130万円を超える場合は自分で保険料を支払う必要があります。

つまり、扶養内で働くためには年間の収入を103万円以下に抑えて働くか、130万円以下に抑えて働くかという点を考えておかなくてはなりません。

扶養範囲内で働ける薬剤師求人を探すと良い

自分の会社で社会保険に加入するためには、労働時間・労働日数がある程度長くないと加入することはできません。

年間の収入が130万円を超えて働く場合、社会保険料を自分で負担することになりますが、薬剤師の場合、他のパートに比べて時給が高めに設定されているため、同じ収入を得るにしても勤務時間が少なくなる計算になります。

扶養をぎりぎり超えて働くと、税金や保険料の支払いのために扶養内で働いている場合と収入はあまり変わらないという場合も出てきます。

薬剤師のパート求人やバイト求人の中には、元から扶養範囲内で働きたい方歓迎、と明記している求人もあります。

こうした薬剤師求人を探されると良いでしょう。

扶養内で働く場合、やはりパート薬剤師か、単発・短期派遣としての薬剤師求人が都合が良いと思います。

扶養範囲内で働きやすい勤務時間など融通を利かせやすい職場探しをする際におすすめの薬剤師派遣会社として、

週1日、3時間でもOK!!【すけっと薬剤師】

1日数時間、選べる働き方【ファーマ人材バンク】

などがおすすめです。

週1日、3時間でもOK!!【すけっと薬剤師】はこちら