薬剤師 仕事

薬剤師が家庭と両立させるためには周りのサポートが重要

最近では、不況の影響もあってか結婚後も仕事を続ける女性が増えています。

共働きでも家庭は大切にしていきたいと思う方が多いでしょう。

女性が約7割を占めている薬剤という職業でも、家庭と仕事の両立というのは多くの方が悩む問題と言えます。

社会人である以上、いくら家庭があるからといって仕事に責任があります。

何らかの形で、人の命と関わっている薬剤師の仕事ならなおさらです。

家事や育児でクタクタの状態で仕事へ行き、仕事中に集中力を欠いてミスしていたのでは何にもなりません。

社会人としては、仕事をしっかりと行えるよう体と心をケアすることも仕事の一つと言えるでしょう。

産休・育休をとって職場に復帰し、正社員として仕事を続けていくケースもありますが、周りのサポートなどがなければ育児に手がかかり、正社員として働き続けることが難しいことも多いようです。

パートとしても薬剤師が活躍できる職場は数多くある

また、何より家庭を第一に考え、空いた時間だけ家計の為に働きたいという方は、パートとして働く場合が多いです。

パートとしても薬剤師が活躍できる職場は数多くあります。

医薬分業の流れから、調剤薬局の数は大幅に増え、保険薬剤師の需要も増えてきました。

その必要性から、短い時間での勤務や午前中だけの勤務など、ある程度時間の融通が利く職場も多いようです。

それに病院の門前薬局などの多くは、夕方5時や6時までの営業というところが多く、土曜・日曜・祝日は休みという傾向があります。

調剤薬局といっても、立地条件や在宅業務をやっているかどうかによって、業務はだいぶ変わってきます。

自分が今まであまり触れてこなかった科目を多く取り扱う調剤薬局を選んだり、在宅業務に携わるなどスキルアップしていくことも可能です。

病院でもパートとして薬剤師を募集している求人もあります。

病院の場合、託児所を完備しているところも多いので事前に調べておくと良いでしょう。

それ以外にも、ドラッグストアや企業などでもパートの求人が出ていることがあります。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら