薬剤師 託児所付

産休や育休の制度がある職場を選ぶ

薬剤師という仕事は女性が多く活躍しています。

そして、結婚や出産の後も仕事を続ける方も多いです。

正社員のまま仕事復帰する方もいれば、転職しパートとして復帰する方など様々ですが、家庭を大切にしながら、薬剤師という仕事を続けていくのには、職場選びも大切になってきます。

こうした職場選び、薬剤師の求人は自分で見つけるのが大変なことも多いですし、非公開求人として人材紹介会社に登録しないとみることが出来ないものもあります。

そうした意味からも、薬剤師人材紹介会社の利用はおすすめしたいと思います。

子供ができれば子供の急な体調不良や保育所への迎えなど、時間的な制限も出てきます。

子育てしながら薬剤師として働くために、ポイントとなる条件はいくつかあります。

まず、家から近い職場であること。

子供や家族の急な用事に対応できるよう必要な条件と言えるでしょう。

また、妊娠した時に産休や育休の制度があるという事も大切です。

このような制度があれば正社員のまま仕事復帰もしやすく、産休や育休の間の収入もある程度確保されており、安心して子育てをすることができます。

産休や育休の制度を設けていても、実際には取りづらいという状況や雰囲気の職場もあるので、薬剤師が実際に育休をとった実績があるということもポイントになります。

また勤務時間の融通きき、短時間の勤務が許される職場であれば、午前中だけ働き午後は家の仕事をするというように、ゆとりをもって働くことができるでしょう。

大きな会社や病院などでは独自の保育所や託児所を完備している

さらに職場に勤務している薬剤師の人数が多ければ、急な休みにも対応しやすいでしょう。

少人数の薬剤師で勤務している職場の場合、自分が休むことで他方に大きな負担をかけてしまうことから、自分も休みづらく、無理を強いられる場合があります。

大きな会社や病院などでは、独自の保育所や託児所を完備しており、子供を近くに預けながら働くという事もできます。

あらかじめ、そういった制度を確認しておくことも重要です。

他にも、土日が休みであることや転勤がないといった条件もポイントになってくるでしょう。

パートとして働くことになった場合は、勤務時間や勤務場所などの条件以外にも扶養の範囲内で働くのか、もしくは扶養には入らずできるだけ働き収入を多く得たいのか、といったこともあらかじめ考えておく必要があるでしょう。

こうした条件を元に、薬剤師の求人を探す場合、人材紹介会社の活用が時間を効率良く使えますのでおすすめです。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら