薬剤師 Wワーク求人

薬剤師ダブルワーク求人について

Wワークで働きたい、土日だけでも他と掛け持ちしたい、そのような薬剤師さんもいらっしゃると思います。

  ※記事の後半で、オススメの薬剤師派遣会社をご紹介しています。

収入・年収アップのためにWワーク求人を探したり、他社の調剤業務を知るためだったり、薬剤師以外の仕事と掛け持ちしながら働くことを希望していたり…状況は様々ですよね。

まず言えることは、現在働いている職場がWワークを認めているかどうか確認して下さい。

職場に備え付けられている就業規則で確認したり、それが難しければ周囲の薬剤師、管理薬剤師に聞くと良いでしょう。

その辺りが曖昧なままダブルワークを行うと、常に不安を感じてしまいますし、結果的にメインで働いている調剤薬局やドラッグストア、病院の業務に影響が及ぶかもしれません。

コンプライアンス的にもダブルワークを認めていない職場もありますから、その辺りはしっかり確認した方が良いですね。

その後に薬剤師派遣会社・人材紹介会社に登録して、Wワーク求人を探してみて下さい。

薬剤師のダブルワーク求人で多いのは、短期・単発の仕事です。アルバイト・パートと共に、単発派遣の求人募集も見られますね。

単発派遣は一定の条件をクリアする必要がありますが、逆に言うと条件さえクリアすれば働く事は可能になります。

詳細は薬剤師派遣会社に相談して頂きたいのですが、ダブルワークとして働く事を考えた時に魅力的な就業形態かもしれません。

柔軟かつ多様な薬剤師求人が多いです

薬剤師のWワークは「土曜日のみ」「土日祝日のみ」「週1回からOK」など、柔軟かつ多様な求人内容が多いですよ。

メインで働いている職場が平日のみであれば、土日にダブルワークを入れることも可能になりますね。

製薬会社や医薬品卸会社のような一般企業は土日休みも多いので、副業禁止、掛け持ち禁止の規定がなければ、積極的に土日にシフトを入れても良いのではないでしょうか?

もちろん本業に影響が出ない範囲でダブルワークを行って下さいね

他の一般的な職業(事務職や営業職)の場合、なかなか掛け持ちで働くことは出来ません。それは求人自体少ないということもありますし、薬剤師のように売り手市場ではない、ということも言えます。

昨今、薬剤師を取り巻く状況は変化していますが、まだまだ転職・就職に有利な状況は続いていますので、ぜひ積極的に仕事探しを行って頂ければと思います。

その場合は派遣会社・紹介会社を利用されて下さいね。より求人の選択肢が広がることになりますので。

おすすめ薬剤師派遣会社

高時給+単発派遣もOK、薬剤師専門の人材派遣・紹介【ファル・メイト】です。

週1日〜OK、ダブルワーク・掛け持ち、週3日〜5日でしっかり働きたい薬剤師さんまで。

希望に合わせた働き方が出来る派遣薬剤師の求人を見つける事が出来ます。

関東・関西エリアの薬剤師求人が充実していますが、札幌、仙台、奈良、広島、福岡など全国の薬剤師求人に対応しています。

薬剤師賠償責任保険も単発派遣であっても適用されるのは嬉しいですね。

高時給3,000円以上の派遣求人も多数。しっかり働いて稼ぎたい、単発派遣でダブルワーク希望など、働き方に合わせてお仕事紹介を依頼してみてください。

薬剤師単発派遣もOK!【ファル・メイト】はこちら