企業内診療所 薬剤師求人

企業内診療所で働くには?

薬剤師の職場は薬局やドラッグストア、病院に限りません。求人数は少ないですが、大企業を中心に企業内診療所の募集も見られますね。

企業内診療所では、社員の健康管理、健康指導、病気の事前予防を行っています。

企業で働くのは正社員だけでなく、契約社員、準社員もいますし、派遣スタッフやアルバイト、パートも仕事を行っています。

そのような会社内のスタッフに対して、健康や衛生管理のアドバイスを行っているのが企業内診療所ですね。

以前、テレビのドキュメント番組で企業内診療所が特集されていたのですが、体調不良の社員への対応以外にも、目薬を支給していたり、栄養ドリンクを渡している姿が映っていました。そのような役割も企業内診療所にはあるようです。

中小企業、零細企業では、社内診療所や健康管理室を設置しているケースは少ないですが、企業の本社を中心に、社員数の多い大企業で診療所を備えることが多いようです。

そこには産業医師や看護師、保健師が働いています。薬剤師が勤めることもあるでしょう。常勤もいれば非常勤もいますね。その辺りは企業によって構成人員も変わりますし、決して多数の募集があるわけではありません。

しかし健康への取り組みを強化している企業、頻繁に海外出張を行っている会社の場合、インフルエンザや伝染病に気を配っていますので、一定の薬剤師求人が見られることも確かです。

新規募集は少なくても、退職により欠員が生じれば求人が出ますし、企業の薬剤師求人に強い紹介会社へ登録することで、企業内診療所で働くチャンスも高くなりますね。

また、企業内に薬剤師が少なければ、毒物劇物の取扱責任者、衛生管理者の役割を同時に担うこともあります。そうなれば各種手当が予想されますので、給料に反映されるのではないでしょうか。ボーナスの査定もプラスになるかもしれませんね。

あきらめずに企業内診療所の仕事を探しましょう

大企業に勤めることが出来れば、手厚い福利厚生も期待できます。

今は退職金規定がない中小企業も増えていますが、大企業なら退職金も出るでしょうし、育休産休制度が機能していたり、有給休暇を取得しやすい、残業代がしっかり支給される企業も多いですね。

企業内診療所を設置している業界は様々です。国内企業もあれば外資系企業もあります。医薬品卸会社や製薬企業でも、社内診療所が見られるかもしれません。

まずは業種・業界を問わず、積極的に求人探しを行ってみて下さい。薬剤師紹介会社へ登録するタイミングによっては、早期に企業内診療所求人が見つかることもあります。

一旦、紹介会社に無料登録することで、新着求人の紹介も受けられますから、すぐに見つからなくても諦めない気持ちが大切ですね。

繰り返しになりますが、企業内診療所の薬剤師求人は数が少ないので、信頼できる紹介会社を利用して仕事探しを行って下さい。当サイトからは、以下の薬剤師紹介会社が良く利用されています。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら