調剤薬局から企業 転職

調剤薬局から企業へ転職するには?

調剤薬局から企業へ転職したいと考えているあなたへ。

薬局から企業へ転職を考えるきっかけは、以下のように様々ですね。

・平日のみ、土日祝休みの職場で働きたい
・薬剤師として企業でスキルを磨きたい
・薬局の閉鎖的な世界に限界を感じている

他にも薬局の人間関係に不満を抱いていたり、給与、収入が少ない、会社都合で解雇されたので企業で働きたい、と考えている薬剤師さんもいらっしゃいますね。

新卒後に製薬企業へ就職し、経験を積んでから調剤薬局へ転職する方が多いですし、その場合は転職もしやすいです。逆に調剤薬局から企業への転職に関しては、若干ハードルが上がるかもしれません。

特に正社員として製薬メーカーを目指す場合、職種によっては難しいケースがあります。MRのような営業職なら、比較的スムーズに転職可能ですが、新薬開発、研究職への転職には学歴が重視されますし、年齢条件の厳しい求人もありますね。

「大学院卒業以上、20代後半まで」という採用条件の研究職求人も見られますが、まずは薬剤師紹介会社で相談すると良いでしょう。

紹介会社には製薬企業以外にも、治験企業や医薬品卸会社、物流、化学品、化粧品メーカー求人など、企業の薬剤師求人に強いサービスがありますから、積極的に活用して下さいね。

管理薬剤師として医薬品卸企業で働いたり、製薬会社の薬事、DI業務を目指したり、まずは希望条件の整理が大切です。

どのような企業で働きたいのか、薬剤師としてどう企業と関わりたいかをまとめることで、志望動機も明確になるでしょう。薬局で経験した仕事内容、役割を絡めながら自己PRを練っても良いですね。

調剤薬局で働きながら転職活動する

調剤薬局で働きながら転職活動を行う場合、どうしても時間が足りないですよね。

同じ薬局薬剤師の求人、ドラッグストアや病院求人は多数募集されていますので、スムーズに転職できると思いますが、企業の薬剤師求人は数が少ないです。

そのため、新着求人に注目しながらハローワークで探したり、毎週転職雑誌を買って探す必要がありますが、「時間を捻出することが難しい、仕事が忙しくて時間が取れない…」という薬剤師さんも多いことでしょう。

仕事探しは人生のターニングポイントになりますので、妥協はしたくない、でも時間がない…というジレンマに陥っているませんか?

その場合、薬剤師紹介会社を利用することで、仕事探しの時間が無くても、あなたの代わりに企業薬剤師求人を探してもらえますよ。給与や条件交渉、面接日の調整も行ってもらえますから、忙しい薬剤師さんも安心して利用できます。

転職に伴う面倒ごとを考えると、どうしても腰が上がらない薬剤師さんも多いですが、転職活動の大部分を紹介会社に任せることで、負担を軽くできますし、積極的に企業求人を探せるのではないでしょうか。

企業薬剤師の情報収集にも繋がりますので、ぜひ紹介会社への無料登録を行ってみて下さいね。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら