企業薬剤師 メリット

企業薬剤師へ転職するメリットについて

企業薬剤師への転職は規則的に働きやすい、というメリットがあります。土日と祝日が休みの会社が多いので、ペースを保って働く事が出来ますね。

病院などの医療機関ではシフト制が取られていることが多いので、なかなかリズムを作れないと悩んでいる方もいます。

また薬剤師が少ない調剤薬局の場合、様々なことに1人で対応しなければなりませんから、精神的な疲労が激しくなります。

見返りとして給与が高かったり、ボーナスが支給される職場は別として、多忙な上に薄給で働きながらも、利用者のことを考えるとなかなか転職できない、もう少し我慢して働こう…と思っている薬剤師さんもいるのが現実です。

どのような職場にもメリット、デメリットはありますが、精神的にも体力的にも辛い場合、転職を考えるのが必然的ですね。そして薬局やドラッグストアから企業薬剤師に転職することで、いまお伝えしたようなメリットもあります。

薬剤師としてキャリアとスキルの幅が広がる

他にも企業薬剤師には、薬剤師としてキャリアとスキルの幅を広げられる、というメリットがありますね。

どのような企業に転職するかにもよりますが、製薬企業、治験企業の場合、調剤薬局や病院、ドラッグストアとは仕事内容が異なりますし、新たに覚えなくてはならないことも多いです。

調剤薬局からドラッグストアへ転職したり、病院薬剤師から薬局薬剤師に転職するのとは勝手が違いますね。その分、新たな見方、新たな業務内容、新鮮な気持ちで仕事に取り組めるのではないでしょうか。

たとえば長年調剤薬局で働いていると、外の世界を見たくなると言います。薬剤師の仕事は決して狭いものではありませんが、それでも同じ職場に勤務し続けていると、自分が働いている空間を閉鎖的に感じてしまうようです。

企業薬剤師として働く事で、仕事を通じて様々な出会いがあり、刺激的な毎日を過ごせると感じている薬剤師さんもいますね。

確かにそのような側面もありますが、企業も薬局も慣れてしまえば同じです。それでも、気づいた時には新たなキャリア、幅広いスキルが身に付いているのも事実なんですよね。

仕事内容にもよりますが、スーツで会社に通い、定時まで仕事をして帰る、そのようなライフスタイルを通して見えることも多いかと思います。

企業薬剤師として勤めた経験が、その後の転職や人生に役立つと思いますので、ぜひ求人探しを行ってみてはいかがでしょうか?

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら