MR 高年収

MRは薬剤師より高年収?

MRへの転職をお考えの薬剤師さん向けの情報を記載しています。

薬剤師がMRを目指す背景として、「調剤薬局で一生終えたくない」「転職生活に終止符を打ちたい」という理由と共に、「高収入の仕事を行いたい」という理由もあります。

中でも給与・年収アップが動機のケースが非常に多いようです。

新卒の頃は薬剤師の方が給料は高くなりますし、全体平均で約500万が相場です。20代後半で年収600万を超えるケースも多く、管理薬剤師になれば資格手当などもありますので、安定的な給与を得られる仕事と言えますね。

反面、給与がなかなか上がらないことに悩んでいる薬剤師も多いのが現状です。

正社員として薬剤師からMRへ転職した方の中には、年収1000万を超えている方もいます。派遣で年収700万を超えるケースもあるようです。そのように高年収・高給与を狙える仕事として、MRを視野に入れる薬剤師さんが増えていますね。

ただしMRへの中途採用は、病院薬剤師→調剤薬局、調剤薬局→ドラッグストアのようにスキルを生かせる転職ではありません。もちろん自社製品に詳しくなる必要がありますし、薬剤師の知識が役立つと言えますが、それ以上にコミュニケーション力が大切な仕事です。

医師との信頼関係が大切なMR

営業職としてノルマを達成する必要があると思いますし、何より数字を求められる仕事ですから、向き不向きもあることでしょう。そのため、給与の高さだけで転職を決めるのではなく、あなた自身の特性・性格を考えた上で、本当にMRへ転職したいかどうか自問されて下さい。

医者と信頼関係を築く必要がありますし、そのためには豊富な話題も必要になります。会話力、交渉力を試される仕事なので、情報収集された上で転職活動を行うと良いでしょう。

尚、製薬会社のMR求人を探す際は、人材紹介会社の利用がおすすめです。あなたの転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントも在籍していますので、彼らに相談しながら進めて下さいね。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら