公務員薬剤師 年収

公務員薬剤師の年収・給料について

公務員薬剤師の年収・給料ですが、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師と比較して、少し下回る程度と言われています。

初年度年収は350万前後、給料(月給)は20万円代の前半が多いようです。薬局薬剤師の初年度平均年収は400万前後ですから、それよりも低い年収基準となります。

しかし、長く勤めることで年収・給与がアップするのも公務員薬剤師の特徴ですね。

調剤薬局やドラッグストアのような民間企業で働く場合は、長く勤務してもなかなか給料は上がりません。それよりも他の薬局や病院に転職する方が年収アップに繋がりやすいのですが、公務員の場合は勤続年数により、順調に年収が上がっていきますよ。

中には消防士のように試験に合格して昇給する職業もありますが、薬剤師の場合は保健所勤務を長く行ったり、市の病院に長く勤めることで、自然に給与も上がるのではないでしょうか?

福利厚生面を見ても、公務員薬剤師は非常に恵まれていると言えますね。

リストラ・解雇が少ないのも公務員薬剤師の魅力

ボーナス(賞与)についても、公務員薬剤師は安定して支給されると思います。

薬局やドラッグストア、医薬品卸会社や製薬会社のような民間企業の場合、経営状況によってはボーナスカット、もしくはボーナスが無くなることもあります。

勤めていた調剤薬局が倒産することもあるんですよね。

実際、私の知人も薬局薬剤師をしていましたが、その薬局が倒産して転職せざるを得ない状況になっていました。

薬剤師はまだまだ売り手市場ですから、転職・就職先も早期に決まることが多いですが、それでも薬局が倒産したり、ドラッグストアの店舗が無くなると一時的に仕事を失うことは確かです。

公務員の場合、『業績不振による解雇、リストラ』はありませんので、安定して働けるのではないでしょうか。その安定さの中にはもちろん、年収・給料も含まれます。

民間企業が業績不振に陥ると、「いつまで給与は支給されるのだろう…」という悩みを持つこともありますしね。

公務員薬剤師は年金も恵まれていますので、年収・給料以外の部分でもメリットが多いと言えるでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら