公務員薬剤師 仕事

公務員薬剤師の仕事と職場について

公務員薬剤師の仕事と職場について記載しているページです。

公務員薬剤師の仕事ですが、国家公務員と地方公務員に分かれますね。

国家公務員になるには国家1種や国家2種に合格する必要があります。地方公務員になるには、都道府県や政令指定都市が行う試験に受かることが前提です。

地方公務員より国家公務員の方が難易度が高いと言えますが、どちらにしても学習が必要になりますね。資格スクールの公務員講座に通って合格を目指すのも1つの方法です。

公務員薬剤師の仕事内容としては、保健所、県立病院、衛生研究所、消費者センターなどがあります。他にも、麻薬取締官として働いている薬剤師資格者もいますね。

保健所で配属される係としては、薬事衛生を担当する係、環境衛生を担当する係、食品衛生を担当する係、などがあります。

また県立病院の医療機関では、病院薬剤師と同様に医師の処方箋に基づいた調剤業務、服薬指導を行うことになります。

衛生研究所では細菌やウィルス検査を行いますし、消費生活支援センターでは、苦情や事故を受けた商品・サービスに関する原因究明を行いますね。

尚、勤める職場にもよりますが、基本的に公務員は転勤が多いです。約3年のサイクルで異動することになるでしょう。

公務員薬剤師の魅力は安定性

公務員薬剤師の魅力は、やはり安定性ですね。民間の調剤薬局、ドラッグストア、病院、医薬品卸企業、製薬会社と比較して、公務員薬剤師はリストラや解雇される可能性が低いです

近年、公務員への風当たりは強くなっていますが、それでも民間と比較すれば非常に恵まれていると言えますね。

民間では時にサービス残業が問題になりますが、公務員はしっかり残業代が支払われます。

私の父も公務員でしたが、働けば働くほど時間外手当が支給されていました。

公務員薬剤師の手当に関しては、その職場の基準にもよると思いますが、少なくとも福利厚生が充実していることは間違いありません。

年金に関しても、厚生年金よりも共済年金の方が恵まれていますしね。

公務員薬剤師の仕事、職場で働きたいと希望される場合は、上記を踏まえた上で目指して頂ければと思います。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら