年収600万円以上 薬剤師求人

年収600万以上の薬剤師求人の探し方

薬剤師の年収って、新卒で就職したときこそ他の職種と比較して高めの給与・年収となる事が多いのですが、後から30代、40代と一番お金が必要な年代になってから頭打ちになり、伸び悩む事が多いといわれます。
(実際、ここ数年年収が増えないでどうしようかな・・・とお悩みの薬剤師さんは多いのでは?)

年収アップの方法としては、もし今まだ管理薬剤師ではないのであれば、今の職場でさらに経験を積んで管理薬剤師を目指す、という選択肢もあります。

一般の薬剤師と管理薬剤師では仕事の責任が違いますし、業務内容も変わってきます。
それに伴って基本給がアップしたり、手当が付く場合が多いです。

薬剤師の年収アップの方法としては、このように管理薬剤師を目指すという選択肢が一つあります。

しかし、今の職場ではそれは難しいかな・・・という方も多いでしょう。
既に管理薬剤師がいる場合、その方が転職したり、退職したりと言ったことでもなければポストが空かない場合が多いためです。

何年待てば良いか分からないし、そんなに待てないな・・・という場合。
その場合には、年収アップと新たな仕事のやり甲斐、ポジションなどを求めて転職するという選択肢が注目されます。

30代、40代はちょうど今の職場で長く働かれてきた方も多く、今後の自分のキャリアについて考える事もある年代だと思います。

スキルアップ、キャリアチェンジも兼ねて年収アップ、今よりも高年収の薬剤師求人をお探しになる方は多いんですね。

薬剤師は転職で年収がアップする?

実際、転職を機に年収アップに成功する薬剤師は多いです。

年収600万円以上の薬剤師求人も実は結構あります。

国内最大級の薬剤師求人、高収入案件も多数の【ファルマスタッフ】

などで探すとお分かりになるかと思います。
ご覧になってみてください。

そのためにはエリアの選択も重要ですし、非公開求人も含めて高給与の薬剤師求人を探す事が必要です。

まだ人手不足で困っている調剤薬局、ドラッグストアはたくさんあります。
全国展開しているドラッグストアチェーンも新規出店で薬剤師を採用したい場合もありますし、既存店でシフトを組むのが難しいため薬剤師の中途採用を行っている場合もあります。

病院薬剤師も同様に、人手不足で困っている病院もあります。

ここで重要なのが、転職を希望しているエリアの薬剤師の平均年収です。

薬剤師の年収がエリアによって大きく左右されることはご存じだと思います。

もし引越が可能であれば、思い切って引っ越すという手もありますが、ご家庭のある方は難しいですね。

であれば、今お住まいのエリアで年収600万円以上、年収800万円以上といった高収入の薬剤師求人を探す事になります。

こうした高収入の薬剤師求人は、非公開求人とされていることが多いです。

非公開求人も含め、情報量が多く転職支援実績が豊富な薬剤師紹介会社の利用をおすすめしたいと思います。

ファルマスタッフ

マイナビ薬剤師

エムスリー

といった薬剤師紹介会社は高収入の薬剤師求人が多いです。
また全国対応ですから、地方にお住まいの薬剤師さんも利用しやすいと思います。