漢方薬剤師になるには

漢方薬剤師になるには?

漢方薬剤師になるには、漢方薬局に就職して経験を積みながら、「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格取得を目指すと良いでしょう。

「漢方薬・生薬認定薬剤師」を取得することで、患者や処方医師に対して、自信を持って漢方薬(生薬)の情報提供を行うことが出来ます。認定証掲示やIDカードも着装することが出来ますね。

漢方薬局で働くために、必ずしも「漢方薬・生薬認定薬剤師」を取得する必要はないようですが、漢方薬剤師としてスキルアップ・キャリアアップに繋がる資格と言えるでしょう。

そのため、漢方薬局の求人案件を積極的に探しながら、「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格取得を目指すと良いですね。

実際に漢方薬局へ転職するには、調剤業務、服薬指導の経験が大切と言われています。漢方薬局で働いたことが無くても、調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、病院で勤めていた経験も評価されるでしょう。

また、漢方薬剤師はコミュニケーション力も大切な要素となります。患者さん一人ひとりの状態に合わせてカウンセリングを行い、漢方薬を調合し処方するため、コミュニケーションが苦手な方は向いていないかもしれません。

漢方に対する深い知識をベースにして、患者さんの状態を適切に聞き出す能力、信頼関係を築くことも大切になります。

そのような理由から、調剤薬局やドラッグストア、病院勤務の経験が評価されやすいんですよね。

薬剤薬局の求人を見つけるには?

逆に製薬会社で研究開発を行っていたり、医薬品卸メーカーでキャリアを積んできた薬剤師さんは、慣れない仕事になるかもしれません。

もちろん薬剤師資格をお持ちで漢方に興味があれば、転職・就職できる確率は高いです。それでもスムーズに漢方薬局で働きやすいのは、調剤薬局やドラッグストアで日常的に患者さん(お客さん)と接している方ではないでしょうか。

あとは薬剤師紹介会社に無料登録して、積極的に漢方求人を探すことですね。

薬剤師求人の大多数が非公開求人ですし、紹介を受けるには紹介会社への登録が必要になります。

人材紹介会社は無料で登録、利用できますので、以下より会員登録を行ってみて下さいね。漢方薬剤師になるために、求人探しから始めましょう。

リクナビ薬剤師

エムスリー(薬キャリ)

ファルマスタッフ

上記は漢方取り扱いの調剤薬局などからの薬剤師求人にも強いオススメサイトです。

ぜひ活用してみてください。