製薬メーカー 転職 注意点

製薬メーカーへの転職の注意点とは?

製薬メーカーへの転職の注意点についてお伝えします。

現在、薬剤師として調剤薬局やドラッグストア、病院に勤めながら、製薬会社への転職を考えている方は参考にして頂ければと思います。

製薬メーカーへの注意点として、最初に挙げられるのは年齢ですね。

どのような仕事も同じかもしれませんが、製薬会社においても、40代より30代、30代より20代の方が転職しやすいと言えます。

たとえ20代でも職場を転々としていれば別ですが、新卒で調剤薬局に勤めて3年〜4年以上経過し、20代後半になって製薬会社への転職を考えるのが最も転職しやすいと言えるでしょう。

ただし30代前半も、製薬メーカーに転職しやすい年齢です。その場合、特に今までの仕事で何を得たのか? どのようなスキルを身に付けたのか? を面接において聞かれると思います。

製薬企業の仕事と一口に言っても、研究開発、学術、治験、営業など種類があります。それぞれの仕事において求められるスキルも変わりますので、その辺りも注意点となりますね。

たとえば学術・DI業務の場合、海外の文献にも目を通し情報収集する必要がありますので、英語力が求められます。中途採用で転職するということは、即戦力として期待されるわけですから、すでに高いレベルで英語力、語学力を身に付けている必要がありますね。

逆に言うと長期的な視点で転職を考えるなら、今から英語力を高めた上で、製薬メーカーの学術の仕事を目指す、という選択肢もありますね。

求人票を見るとTOEICの点数で評価されるようなので、700点以上、800点以上を目指して英語学習を初めても良いでしょう

医師との関係が大切なMR

一般的に製薬メーカーへ転職しやすいのはMRです。MR転職の注意点としては、やはり薬剤師の免許がなくても働けることですね。そのため、異なる業界のトップ営業マンが転職していたり、医療機器メーカーの営業マンが転職することが良くあります。

そのような中に入って、MRとして結果を出すことが求められるので、調剤薬局や病院、ドラッグストアの仕事とは全く別物と考えて下さい。

薬剤師資格者として有利な点としては、医薬品への知識が豊富な点と、医師との関係を築きやすいことでしょうか

MRは営業職が強く、いかに医師(ドクター)と信頼関係を築けるかが大切になります。医師の1日のスケジュールを把握したり、病院関係者とコミュニケーションを取ることも重要ですね。

製薬メーカーが扱う商品は医薬品ですから、急な飛び込みで売れるケースは少ないでしょう。

コツコツ医師との信頼関係を築いた上で、話を聞いてもらい、初めて自社の薬を試してもらえると思います。

以上を踏まえた上で、製薬メーカーの求人を探して頂ければと思います。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら