製薬会社 薬剤師の仕事

製薬会社の薬剤師の仕事とは?

製薬会社の仕事内容を大きく分けると、研究開発、治験、学術、営業となります。

研究開発は新薬を開発する仕事ですね。学歴も重視される仕事で、特に新卒で就職する方が多い業務です。転職先として求人案件は少なく狭き門と言えますので、研究開発の仕事を希望される場合は、まず人材紹介会社に相談されてみて下さい。

次に治験ですが、新薬を志願者に試してデータ収集を行い、厚生労働省への認可を呼び掛ける仕事です。薬剤師資格が無くても可能な仕事ですが、薬学の知識を持つ薬剤師は重宝される傾向にあります。

具体的な職種としては、治験コーディネイター(CRC)、治験モニター・臨床開発モニター(CRA)などがありますね。

次に学術(DI業務)ですが、文献検索・資料作成・電話等での問合せ対応を行う仕事です。外国の文献を翻訳することもありますので、英語力が必要と言えます。

営業職として人気のMRの仕事

そして営業職ですが、MRとして仕事を行います。自社(製薬会社)の医薬品による副作用の情報などを集め、同時に病院へ情報提供する仕事ですが、現場の医師やMRの話を聞くと『薬の営業マン』としての側面が強いそうです。

MRも薬剤師資格が無くても働ける仕事ですが、薬学に通じている薬剤師が中途採用されやすい傾向があります。その分期待度も高くなるので、売上ノルマを達成する必要があるかもしれません。

MRは高年収も狙える仕事として人気があります。場合によっては調剤薬局やドラッグストアよりも収入が高くなることもありますね。高収入・高給与の人気求人ではありますが、新薬開発やDI求人よりも見つけやすいと言えます。

以上、製薬会社の仕事内容・役割について記しましたが、ハローワークや転職求人雑誌ではあまり見かけない求人かもしれません。製薬会社に中途採用で勤めたい、転職したいと思われた場合は、人材紹介会社に在籍している転職コンサルタントに相談されてみて下さい。

製薬会社への薬剤師転職事情も含めて、様々な情報を教えてくれることでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら