製薬会社 薬剤師の年収

製薬会社の薬剤師の年収に関して

薬剤師の勤務先として人数が多いのは、病院・ドラッグストア・調剤薬局ですね。特に薬局薬剤師は全国的にも非常に多いです。

年収で考えると、病院・ドラッグストア・調剤薬局、どの職場でも400万前後が多いようです。新卒で就職して年収350万〜400万、その後調剤薬局の場合は、長く勤務して年収500万前後に落ち着くと言われています。

もちろん管理薬剤師として他の調剤薬局に転職したり、UターンやIターンで転職することにより給料・年収にばらつきは生じますが、総じて年収500万前後で落ち着くケースが多いですね。

ドラッグストアの場合はエリアマネージャーを兼ねることで、年収700万に届くこともあるようです。民間企業なので売上によっても変わるでしょうし、シビアに査定されるとは思いますが、出世が年収に反映されやすいのがドラッグストア(調剤併設含む)と言えます。

では、製薬会社の年収はどうなのでしょうか?

結論から述べますと、年収800万以上、中には1000万以上の薬剤師もいます。新薬開発や学術・DI業務の求人は少ないものの、営業職(MR)の求人募集は比較的多く見られます。

高給与・高年収の求人もMR(Medical Representative 医薬情報担当)には多く、その分営業職としてノルマが厳しいという側面もありますね。

MR自体は薬剤師資格が無くても働くことが出来ますし、営業先である病院や医師からも一営業マンと見られますから、全く違う職種に転職するという意識が大切になります。

医薬品情報を提供する仕事なので、薬剤師としての経験・キャリアを役立てることは出来ますが、高収入な分ハードな側面もありますので、その辺りは人材紹介会社のキャリアコンサルタント(転職アドバイザー)に相談されてみて下さい。

人と接することが好きでコミュニケーション力に自信がある方は、高収入のMR求人に応募されてみてはいかがでしょうか?

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら