ドラッグストア 薬剤師の仕事

ドラッグストアの仕事内容と役割

ドラッグストアに薬剤師として勤める上で、やはり仕事内容が気になりますよね。

今まで調剤薬局で勤めてきたけれども、ドラッグストアの仕事はどうだろう。長く病院で働いていたが、ドラッグストアにおける薬剤師の役割が気になる…など、疑問を感じられると思います。

このページでは、ドラッグストアの薬剤師の仕事内容と役割について記載しています。

まず仕事内容としては、薬剤師資格がなければ出来ない仕事と、薬剤師以外でも可能な仕事に分かれます。薬剤師資格が必要な仕事は以下です。

・OTC薬品(第一類)の販売
・調剤業務

第一類の販売は薬剤師以外には出来ませんね。第二類、第3類については登録販売者でも可能です。そのため、ドラッグストアでは、薬剤師以外に登録販売者が働いているケースが多いです。

また調剤業務に関しては、調剤室が併設されているドラッグストアの場合となります。近年、調剤併設タイプのドラッグストアが増えていますので、そのような職場では調剤業務も入ってくるでしょう。

薬剤師以外でも可能な仕事

次に薬剤師以外でも可能な仕事は以下です。

・商品の品出し・発注・在庫管理・袋詰めなど
・レジ・カウンター業務
・お客様対応
・店内の定期的な巡回
・受付処理
・ノルマ達成のための販促活動
・OTC薬品(第二類・第三類)の販売

その他、店長を兼ねる場合は、店長業務も入ってきます。スタッフ採用やシフト管理ですね。店舗経営を行う形になりますから、マネジメントに関する知識も必要になるでしょう。

また、販促活動も大切です。売上アップのためにポスターを作成したり、POPを作ったり、陳列を工夫したりですね。実際に薬剤師さんに話を聞くと、「商品によって、ノルマ達成に違いがある」と言っていました。ノルマを厳しく求められる商品があるということですね。

あくまでもドラッグストアの仕事は接客業なので、サービスに対する意識を忘れずに働く必要があると言えるでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら