薬剤師の仕事 SMO

多くの薬剤師が活躍するSMO

SMO(Site Management Organization)とは治験施設支援機関のことで薬剤師が多く活躍する職場です。

医薬品が患者様の手元に届くまでには、新薬となる可能性のある新規物質の研究である基礎研究、主に動物を使用した非臨床試験、そして実際に人へ投与して有効性や安全性を試験する臨床試験を行っていく必要があります。

そして新薬を開発する段階での臨床試験を治験と言います。

SMOは薬を開発する製薬企業から病院などの医療機関に治験の以来があったときに、医療機関の代行・支援を行い治験の対象となる被験者の対応を行う機関のことです。

そしてSMOに所属する薬剤師はCRC(Clinical Research Cordinator)と呼ばれる治験コーディネーターとして業務を行います。

CRCは病院において、被験者へ治験の内容の説明を行ったり、治験に対する被験者の不安を軽減するよう相談にのったりといったサポートをしていきます。

それ以外にも、治験を行っていく上でのスケジュールの管理したり、治験でえられたデータの管理を行います。

薬剤師としてキャリアアップしましょう

CRCの仕事は、治験が始まる前からスタートしており、治験を実施する際に遵守すべき規準であるGCPを守って治験が進められるよう、様々な部署の調整をしていきます。

CRCは薬剤師でないとなれない職業ではありませんが、実際に行う業務の中では専門性が問われるので、薬剤師の他にも看護師や臨床検査技師といった医療系の資格を持っている人など、医療に関する知識や医療機関について理解する方が、専門性を発揮できるといえるでしょう。

CRCとして働くには2種類あります。SMOに所属して病院などの医療機関へ派遣される場合と、医療機関に所属した上で、CRCの業務を行うパターンと2種類あります。

また、更なるCRCのレベルアップと専門性を高めるために、いくつかの団体で認定や公認試験が行われているので、そういったものを活用してキャリアアップにつなげることが出来るでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら