薬剤師の仕事 CRO

CROにおける薬剤師の仕事について

CROとはContract Research Organizationの略で、医薬品開発業務受託機関のことを言います。

医薬品が患者様の手元に届くまでは、膨大な時間と労力がかかっています。

新薬となる可能性のある新規物質の研究である基礎研究、主に動物を使っての非臨床試験を経て、実際に人へ投与する臨床試験へと移ります。

製薬会社は開発に必要となる時間と費用を抑えられれば、高収入を見込むことが出来ます

CROは、製薬業者が行うその段階の中の臨床試験や製造販売後調査における様々な業務を代行して、新しい薬が効率よく開発されるためにサポートをしています。

医薬品以外にも特定保健用食品や医療機器の開発のサポートも行います。

外資系の製薬会社が多く日本に進出してきたこともあり、急激に成長してきた業界です。

治験業界で働く薬剤師の役割

薬剤師はCRA(Clinical Reseaech Associate)臨床開発モニターとしてCROの業務に携わります。

薬の安全性と有効性を実証するために、臨床試験は必要であり病院などの医療機関において被験者の協力により行われます。

治験実施計画書、臨床試験の実施基準、標準作業所に基づいて臨床試験が行われているかチェックをするため、医療機関を訪れサポートを行います。

これをモニタリング業務といい、高い専門性が求められます。

そして集積された被験者のデータを処理し、厚生労働省に申請するために必要となる書類などを作成していきます

臨床試験の後でも、製造販売後調査において調査業務を実施します。

ただ単に臨床試験を進めていくのではなく、被験者の人権・安全・福祉が保護も大切にし、臨床試験が倫理的・科学的に実施されているかチェックします。

医薬品業界の中では、比較的新しいビジネスであり、成長途上にある企業も多い業界であると言えます。

今後も更なる需要の増加が見込める業界でしょう。

また、薬剤師でなくてはなれない仕事ではありませんが、医師と関わりも多いことから薬剤師の専門的な知識やコミュニケーション能力が、臨床試験を行っていく上でのいろいろな業務で役に立つでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら