病院薬剤師 仕事

病院薬剤師の仕事内容について

薬剤師と一概に言っても、活躍できる場面は多岐にわたります。

その中の一つに病院があります

病院における薬剤師の仕事は、その病院自体の役割にも大きく左右されるところがあります。

例えば、大学病院と地域密着した町の病院を比べると、受診する患者からしても大きく役割違うことがわかるでしょう。

まず私たちが体に不調をきたした時に受診するのは町の病院もしくは医院が多いでしょう。

そこで解決しない問題は大学病院や専門機関へと紹介され詳しい検査を受けるという場合がほとんどです。

病院の役割が違うように、そこにいる薬剤師の仕事も違うのです。

しかしどの病院でも共通して、調剤業務と病棟業務がメインとなるでしょう。

調剤業務はみなさんが良く見る薬剤師の姿かと思いますが、処方箋に基づいて薬を用意し、患者様へ薬の情報を提供しながらお渡しする。という一連の流れです。

処方箋通りに薬を用意するだけでなく、その処方箋に間違いはないか、薬の投与量に問題はないか、様々な薬学的観点からチェックを入れ、必要があれば医師に確認し、処方変更してもらう場合もあります。

コミュニケーション能力も求められます

病棟業務は入院中の患者様のベッドサイドまで赴き、薬の情報提供、服薬状況の把握、薬の効果の確認といった業務をしていきます。

外来で来る患者様にお薬を投薬するのとは違い、患者様に効果が出ているかどうかリアルタイムで確認していけるという点で、薬物治療により深く関わることができる仕事と言えるでしょう。

患者様と深く関わる分、コミュニケーション能力も求められます。

病気を抱え不安を持っている患者様に、安心して薬物治療して頂けるように、医師や看護師と共に協力していく必要があります。

ベッドサイドでは単に薬の効果が出ているかという事だけでなく、患者様の声にも気を配る必要があります。

医師の指示通り薬が飲めていないのであれば、その理由は何なのか

例えば、錠剤が飲み込みづらいのであれば粉薬や水剤などの服用できる薬に変更していく。

1日3回飲むのが大変で服薬を嫌がるのであれば、持続時間の長い1日1回の服用で良い薬へ変更する。

そういった提案を医師に発信していくのも薬剤師の役割です。

規模の大きな病院では、調剤業務や病棟業務の他にも、治験業務に協力したり、薬物の血中濃度を測定したり、さらに専門的な業務を行うこともあります。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら