調剤薬局 薬剤師の仕事

薬局薬剤師の役割に関して

調剤薬局の主な仕事は、処方箋に基づき薬を調剤することです。

日本は国民皆保険の制度があるため、医療機関へかかる場合にほとんどの人は健康保険を利用しています。

その場合、薬局も保険調剤を行います。調剤薬局へ勤務するためには各都道府県に保険薬剤師の登録を行います。

保険薬剤師は調剤の知識だけでなく保険請求に関する知識も必要となります。

病院の中の薬局に勤務する薬剤師は保険薬剤師の登録は必要ありません。

医薬分業の進展により調剤薬局の数は増えてきました。

薬剤師が調剤業務と服薬指導を行うことで、薬に関する医療過誤の予防につながってきています。

患者は医療機関から処方箋をもらい、自分の好きな調剤薬局で薬を受け取ることが出来ます。

複数の病院から処方箋をもらっても、一つの薬局で薬をもらうことで、薬剤師が処方薬の相互作用に気づいたり、副作用発見のきっかけとなる場合もあります。

また、毎回違う薬局で薬をもらう場合でも、お薬手帳を使い服用中の薬の情報を薬剤師同士で共有することができます

処方箋に基づいて薬を調剤するということは、処方箋通りに薬を用意して渡すだけではありません。

幅広い専門知識が必要になります

薬剤師は患者の基本的な情報として、年齢、性別、アレルギー歴、副作用歴、病歴、併用薬などを踏まえ、今回処方された薬を服用することが出来るのかどうか判断します。

処方箋の記載内容に不備はないかどうかもチェックし、問題がなければ調剤に移ります。

もしも、処方薬に不備があったり、患者が服用するに当たり問題となる点などがあれば、処方した医師へ問い合わせ疑義紹介を行います。

また、患者へ処方薬を渡す際には、必要な薬の情報を提供し、安心して服用してもらえるよう説明を行っていきます。

最近ではジェネリック医薬品の使用推進が調剤薬局にも求められているので、患者がジェネリック医薬品を希望するのかどうかといったことも確認していきます。

処方薬を渡した後は、患者との会話で得られた情報や、次回薬を渡す際の確認事項や注意点などを薬歴として記録に残します。

一見、単純に見える調剤業務ですが、患者背景など考慮することは多く、幅広く専門知識を身につけておく必要があります。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら