専門薬剤師 転職

専門薬剤師とは?

医療現場では医師をはじめとする医療スタッフが、患者様の治療により良い医療を提供するため、チームを組みそれぞれの専門性を生かして治療にあたっています。

最近では新たな薬剤が続々と登場し、薬剤師にも専門領域での新しい知識が求められるようになってきました。

こうして、専門分野に特化した専門薬剤師という薬剤師が誕生しました。

専門薬剤師はそれぞれの専門領域の医療の知識、薬学知識をもち、常に医療スタッフへ情報を提供し、患者への治療へ貢献していきます。

現在、専門薬剤師は、専門性が必要とされる5つの領域で誕生しています。

1つめは『がん専門薬剤師』、2つめは『感染症制御専門薬剤師』、3つめは『精神科専門薬剤師』、4つめは『妊婦・授乳婦専門薬剤師』、5つめは『HIV感染症専門薬剤師』です。

また、上記専門薬剤師の他にも様々な学会や団体が認定している認定薬剤師もいます。

がん専門薬剤師について

がん専門薬剤師は、高度化しているがんの薬物治療において、適切な投与量を設定したり、副作用のリスク管理をします。

患者様の薬物治療における安全性を確保する重要な役割です。

感染症制御専門薬剤師は、治療のメインとなる抗生物質や抗菌薬の高度な知識が必要とされます。

精神科専門薬剤師は精神病を患っている患者の治療にあたるチームの一員として、治療のメインとなる薬物治療に関して、薬学的観点からサポートをしていきます。

精神病患者は増加傾向にあり、専門薬剤師の必要性は高まっているといえるでしょう

妊婦・授乳婦専門薬剤師は妊婦・授乳期の薬物治療に関して高度な知識をもった薬剤師であり、母体と胎児の安全性を確保するよう薬物治療をサポートしていきます。

HIV感染症専門薬剤師は、治療の中心となる薬物治療の高度な知識をもち、治療をサポートしていきます。HIVの治療は現在、進行を抑えることが中心で、新たな治療薬の開発も盛んに行われています。常に新しい知識を得ることも重要となるでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら