製薬企業 薬剤師の役割

製薬企業における薬剤師の仕事

製薬企業における薬剤師の仕事というのは、多岐にわたっています。

自社製品の営業担当であるMRはMedical Representativesの略であり、医薬情報担当者と訳されます。

具体的には、主に自社製品の適正な使用と普及を目的に、医療機関を訪れ、医師や薬剤師などの医療従事者に医薬品の有効性や安全性に関する情報を提供します。

そして、実際に使用してからの効果や副作用についての情報収集もしていきます。

MRは製薬企業と医療施設の橋渡しをする役割を担っています。

MRは薬剤師でないとなれない職業ではなく、文系出身の人も多く、入社時に専門的を持っていない場合が多いのです。

そのため製薬企業では、そういった社員のために、入社後にMR導入教育を行い、不足している知識を身につけていきます。

そしてMR認定試験を受け合格したものが、MRとしての活動を認められます。

MR認定試験は、MR認定センターが主催している試験で、年に1回行われています。

試験内容は「医薬品情報」、「疾病と治療」、「医薬概論」の3分野あり、薬剤師免許を持っているものは試験科目の一部が免除されています。

そして薬剤師免許とは違い、MR認定試験は1度合格した後も、更新が必要となります。

製薬会社の学術の仕事内容

MRのほかにも、製薬会社においては学術という仕事があります。

国内外の文献を収集し、最新の医薬品や医療に関する情報を集めます。

そして、自社製品の有効性や安全性に関する情報をMRへ提示し、MR活動の支援をします。

高度な専門知識が求められるだけでなく、英語文献などの資料を読み、理解する能力が必要です

また、対外的には医療関係者や患者からの自社製品に対する問い合わせに対応したり、医療関係者へ学術情報を提供することも業務の一つです。

学術は医薬品や医療に関する情報提供だけでなく、自社製品を販売するためのマーケティングにも関与します。広告やパンフレットなどの企画を行う事もあります。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら