在宅医療 薬剤師の仕事

在宅医療の薬剤師の仕事内容・役割

在宅医療という言葉は、ここ数年でかなり一般的になってきました。

在宅医療とは、病院外で行う医療全般のことを言います。

一般的には、体調が悪くなったら病院へ行き診察を受けます。

しかし高齢化に伴い、自力で通院ができないという方も増えてきています。

医療従事者が患者様の自宅や入居されている施設まで赴き、医療を行うのです。

在宅医療を受けられるのは、高齢者だからというわけではありません。

自力での通院が難しい患者様であれば受けられることができる医療であり、年齢や病気の種類は関係ありません

そんな在宅医療でも薬剤師の活躍の場はあります。

具体的には、患者様の自宅へ医師が往診に行き、処方された薬を調剤し自宅までお届けします。

また、自分で薬の管理が難しい方には、複数の薬を飲む1回分ごとに分包し、ポケットのついたカレンダーにセットしてお届けする、というようなことをする場合もあります。そうすることで飲み忘れを予防したり、朝食後に服用する薬を飲んだのを忘れ、2回飲んでしまうというような事故を防ぐことができます。

また高齢者の方の中には、手先が不自由という方も多く、固いシートから錠剤を取り出す作業自体難しい場合もあります。

お薬を1回分ずつ分包することで、袋を破るだけで1回分の薬が全て取り出すことができるので、手先の不自由な方にもとても役立ちます。

製剤としての特長を把握するのも薬剤師の仕事

医師の往診に薬剤師も同行することもあります

医師が患者を診察し処方薬を検討する際に、どのような薬を処方すべきか提案をすることもあります。

医師から処方薬について質問されたとき、答えられるよう専門的な知識を身に付けておく必要があります。

薬の処方に自分も関わり、患者様の病状に変化が現れるので、非常に責任のある仕事と言えます。

また、薬学的な観点から医師に情報を提供していくため、常に新しい知識を身に付けて行く努力が必要となります。

また、在宅医療を行う患者様の中には錠剤を飲み込めないために、錠剤を粉砕して粉状にして服用している方もいます。

しかし、錠剤の中には粉砕してしまうと効果がなくなってしまうものや、副作用の危険があるものなど様々です。

薬の効果だけでなく、薬の製剤としての特長を把握しておくのも薬剤師の仕事ですので、粉砕に不適切な処方が出た場合には、医師に別薬剤への変更を申し出ることもあります。

薬の内容から飲み方までいろいろな面で、その患者様にとって良い形へと対応していく必要があります。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら