公務員 薬剤師求人

公務員としての薬剤師に関して

最近では不況の影響から、安定した職が求められるようになり「公務員」という職業は非常に人気が高くなってきています。

公務員は、一般的な民間企業に就職するのとは違って、基本的にリストラなどのリスクもなく、給与の保証もされています。

現在はまだ、薬剤師の就職は売り手市場と言われていますが、それでも薬剤師で公務員に魅力を感じる人は多いと思います。

また薬剤師の資格を持っているからといって、薬剤師手当てのように報酬が増えたり、他の公務員と比べて、格段に給料が良いということはありません。

公務員といっても業種は様々でいろいろな活躍の場があります。

薬剤師として公務員になるのなら、年に1回実施される地方公務員上級試験を受け、それに合格する必要があります。

公務員として薬剤師資格で働くには?

地方公務員は都道府県や市町村などで採用され、採用後は該当する地方自治体の中のいろいろな施設や部署へ配属されることとなりますので、必ずしも希望の職種に就くことは出来ない場合があります。

そのため、自分がどういった業種に尽きたいのか、しっかりとアピールすることが重要となります。

主な配属先としては公立病院、本庁、保健所、消費生活科学センター、企業局などです。

食品衛生監視や薬事衛星監視、自衛隊、麻薬取締官などと薬剤師の資格を持っているひとが公務員として働く場は多いのです。

例えば、麻薬取締官は薬物犯罪に関わる情報を収集し、不正な薬物ルートを取り締まりまったり、医療用麻薬などの正規の流通経路を監督し、不正使用を防止するような指導を行います。「麻薬Gメン」とも呼ばれます。

時には海外の捜査機関と協力し、情報交換などを行うこともあります

食品衛生監視員は、海外から日本へ輸入される食品の安全性を監視し、指導したり、輸入食品の検査業務を行ったりします。

その他にも検疫感染症を国内へ侵入させることを防ぐ、検疫衛生業務もあります。

また、公立病院に勤務する薬剤師は、病院内の薬局に勤務し、基本的に一般的な病院薬剤師と同じように、調剤業務や病棟業務を行っていきます。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら