医薬品卸会社 管理薬剤師

医薬品卸会社の管理薬剤師の仕事について

医薬品は、製薬会社が作った医薬品を医薬品卸会社が仕入れ、それを病院や診療所、調剤薬局、ドラッグストアなどに販売し、それが患者様の手元へ届きます。

卸会社は、複数のメーカーの医薬品を集約し、効率的に医療機関へ医薬品を納品し、情報提供をする役割があります。

最近では、卸企業が業務を拡張して、医薬品の製造販売を行っている例も見られます。

医療機関が医薬品を製薬会社から直接仕入れるのではなく、医薬品卸企業から仕入れるのには、大きなメリットがあります。

医療機関は数多くの医薬品を在庫していますが、それぞれを製薬会社に注文するのでは、発注業務が大変煩雑になります。

しかし、医薬品卸会社に一括で注文すれば、あらゆる製薬会社も薬を一度に届けてくれるのです。

また製薬会社側にもメリットがあります

医薬品の情報を、取り扱っている全ての医療機関へ提供するのには、製薬会社の営業担当であるMRでは全てを回ることは出来ないので、診療所や調剤薬局に関しては、医薬品卸会社のMSが医薬品の情報提供を行っています。

マーケティング部門に管理薬剤師を置く定めがあります

医薬品卸会社では、マーケティング部門に1人以上の管理薬剤師を置くということが薬事法によって定められています。

医薬品卸会社における管理薬剤師が行わなければならない仕事は多岐にわたり、卸会社によって違っています。

医薬品卸会社の管理薬剤師は、営業所の医薬品の在庫管理をはじめ、品質管理やデータ処理も行います。

医薬品を仕入れる際の判断や、劇物・毒物・向精神薬・麻薬関連などの特別な薬剤の管理も行わなければなりません。

それ以外にも管理薬剤師が取引先の医療機関と製薬会社との間に入りパイプ役をしていきます。

また、医薬品卸会社の営業担当者をMS(マーケティング・スペシャリスト)といい、管理薬剤師がMSの教育も行っていきます。

そして医薬品卸会社の管理薬剤師は、製薬会社でいう学術職のような役割をします。

しかし製薬会社の異なる点は、医薬品の情報を公平に扱うということです。

製薬会社であれば、自社製品がどれだけ優れているかというデータを主に提示します。

しかし、医薬品卸会社の薬剤師はそれぞれの製薬会社の情報を統合した上で、公平な立場で医薬品情報の提供を行います。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら