がん専門薬剤師 仕事

がん専門薬剤師の仕事について

現在、日本人の2人に1人はがんにかかり、3人に1人ががんで死亡している時代といわれていますが、早期にがんが見つかり治療を受けることで完治するまでに、医学は進歩してきています。

がん専門薬剤師というのは社団法人日本薬剤師会が認定する専門薬剤師の一つです。

専門薬剤師とは専門分野に特化した薬剤師であり、同機関が認定している専門薬剤師は、他に精神科専門薬剤師、感染症制御薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師があります。

がんの治療は日々高度化し、抗がん剤も新薬が続々と開発されてきました。

そのため、がん専門薬剤師の存在も注目されてきたのです

がんの治療は外科的手術によってがんそのものを切除するという方法と、進行を抑えるための薬物療法といった2つの治療方法があります。

薬物治療をサポートします

がん専門薬剤は薬物治療をサポートしていきます。

がんの薬物治療では複数の薬を併用していく場合が多いですが、その際の薬物の投与量や効果・副作用の検討にがん専門薬剤師は関わってきます。

また、がんで発生する強い痛みをコントロールするための鎮痛剤に関しても深い知識が必要となります。

そして、医師や看護師に対して抗がん剤に関する最新の情報を提供していかなくてはなりません。

そのため、常に新しい文献などの情報を世界的な視野をもって収集し、分析する能力も必要となります。

抗がん剤はがんの進行を抑え、治療に効果的ではありますが、一方では副作用で苦しむ患者様もいます。

治療は進んでも、患者様の生活が崩壊していたのでは意味がありません。

がんの治療以外にも患者様の生活を考え、どうすることが患者様のためになるのかを考える姿勢が必要となります。

がん専門薬剤師になるには、薬剤師歴が5年以上であることやがん領域に関する学会発表の経験など様々な条件があり、決して簡単ではありません。

がん専門薬剤師として活動できる環境が整っているということが、必要条件になっています。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら