調剤薬局 転職

薬剤師の転職先で多いのは調剤薬局?

薬剤師の転職先として多いのは調剤薬局・ドラッグストアと言われます。

実際に転職サイト・人材紹介会社の求人案件を見ても、全国的に募集されているのが調剤薬局ですね。

・調剤薬局 → 調剤薬局
・ドラッグストア → 調剤薬局

上記流れは転職しやすいのではないでしょうか。

また、新卒や第二新卒で製薬会社(開発職)に就職して、その後、UターンやIターンに伴い調剤薬局に転職する薬剤師さんも多いようです。

病院薬剤師から調剤薬局に転職される方もいますね。その際、病院における薬剤師の仕事内容・役割と調剤薬局の仕事内容が異なるため、戸惑いを感じる方もいます。

調剤薬局・ドラッグストアの求人探し

調剤薬局で働く際に大切なのは、その職場の雰囲気・仕事内容に慣れることですね。転職にはメリットもあればデメリットもあります。

メリットとしては、収入アップに繋がる、残業が少ない職場、人間関係が変わる、などが挙げられますが、逆に言うと全てデメリットの可能性もありますね。

収入減に繋がるかもしれませんし、残業が増えるかもしれない、人間関係に悩む可能性もあるでしょう、そのように転職においては、メリット・デメリットを認識した上で、今の職場よりも条件が良い求人案件を探してみて下さい。

薬剤師の転職事情は刻々と変化していますが、調剤薬局・ドラッグストアは今後も転職しやすい職場と思われますから、積極的に求人を探してみてはいかがでしょうか?

ドラッグストアは店舗も増えていますし、24時間体制の店舗の場合は3交代制のシフトもありますので、その分薬剤師が活躍できるフィールドは広がっています。

調剤併設型のドラッグストアが増えれば、更に薬剤師のニーズが高まることも予想されます。

ぜひ幅広く求人探しを行ってみて下さいね。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら