薬剤師転職 履歴書

履歴書はあなたの性格を表します

履歴書と職務経歴書の書き方について記載しています。

企業の採用担当者に話を聞いたところ、履歴書を見るだけで性格が分かるそうです。書く側としては、「これくらいでいいだろう」と妥協する項目でも、見る人が見れば全て分かるものです。そのため、しっかりと思いを込めて記すことが大切ですね。

まず大前提として、丁寧に記入することが必要です。「基本ルールを守り、可能な限り丁寧に記入すること」を心がけて下さい。内容は当然として、文字も判断材料になります。

字を書くことが好きで、客観的に見て読みやすい場合は、手書きの方が良いでしょう。ただし、あまりに文字が下手な場合は、逆効果になりかねません。その場合はパソコンで記しても構いませんが、その分、内容は精査して下さい。

文章に誤りがあった場合、修正液や修正テープを使用するのは論外ですね。一カ所くらいいいか…と思うかもしれませんが、その一カ所を採用担当者はしっかり見ています。

志望動機の欄は自己アピールに繋がる場所ですから、月並みな言葉を並べるのではなく、あなたにしか書けない内容を記しましょう。

職務経歴書の書き方について

次に職務経歴書ですが、今までの仕事で身に付けたことを簡潔にまとめて下さい。決まった書式はありませんが、時系列で職歴を記載するの一般的ですね。

職務経歴書は、ただ単に職歴を記すものではありません。あなたがどんなことが出来るのか? を採用者にアピールするものですね。その意識を持ちながら作成することで、内容も固まってくることでしょう。

人材紹介会社で履歴書・職務経歴書の書き方アドバイスを行っていることもありますので、ぜひ相談されてみて下さい。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら