薬剤師求人 将来性

薬剤師求人の将来性について

薬剤師求人の安定性と将来性について考えてみましょう。

一般的に転職を考える際、ハローワークや求人雑誌で仕事を探します。その際、鑑みるのは自身の職歴・資格ですね。今までどのようなキャリアを積んできたのか、どのような資格を持っているのか。

資格の中には、就職・転職に使いづらい(履歴書に書いても意味が無い)資格もあれば、面接担当官にアピールできる資格もあります。

法律系資格であれば司法書士や公認会計士、税理士。事務系の資格であれば簿記やエクセル・ワード検定などが挙げられるでしょう。

もちろん資格自体はきっかけに過ぎません。新卒や第二新卒の就職は別ですが、転職の場合は資格よりも職歴・経歴が重視されるのではないでしょうか。

その点、薬剤師資格は非常に有利と言えます。全く職歴がない場合は厳しいかもしれませんが、薬剤師というだけで安定的に求人を見つけることが出来ますね。

また育児と両立しながら単発・短期アルバイト、単発派遣求人を探す際も、比較的早期に見つけやすいと言えます。それは薬剤師専門の人材紹介会社があるからですね。

薬剤師資格は転職に有利?

他の一般的な職業の場合、人材紹介会社に登録しても、職が見つかるまで時間が掛かります。転職という行為自体が一長一短ですから、希望の求人に巡り合うまで時間が掛かることもあるでしょう。

薬剤師求人の場合、高時給・高収入の案件が多く、人材紹介会社を利用することで非公開求人の紹介も受けられますから、スピーディーに転職活動が進んでいきます。

人材紹介会社は多数ありますので、複数を掛け持ちすることで更にスピードは早くなります。複数の人材紹介会社が競争しているということは、それだけ企業にとって売上を見込める市場ということです。

売上を見込めるということは、薬剤師求人を出す調剤薬局やドラッグストア、病院や治験企業、製薬会社、医薬品卸会社、有料老人ホームやデイサービスなどの介護施設が多いということですね。

登録販売者制度など、薬剤師を巡る環境は変化していますが、それでも売り手市場は続くのではないでしょうか。少なくとも他の一般的な職業よりも、転職活動は有利に進むことでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら