薬剤師 転職理由

薬剤師さんの転職理由に関して

薬剤師さんが転職を考える理由について記しています。

他の職業でも見られる理由としては、「職場の人間関係の悩み」ですよね。やはり職場の上司や同僚とは、必然的に頻繁に顔を合わせることになりますから、中には性格が合わない相手もいると思います。

その他、薬剤師さんの転職理由として多いのは以下です。

・将来性・方向性に不安を感じた
・勤務条件に不満がある
・自分の能力、専門性を仕事に活かせない

実際、調剤薬局に勤めていた薬剤師が、薬局の閉鎖に伴って次の職場を探すというケースもあります。特に地方の薬局に多いようですが、そのように「将来性・方向性に不安を感じた」という理由から、転職を考える方もいますね。

「勤務条件に不満がある」については、給与の不満も含まれるでしょう。体力的・精神的にハードな職場なのに給与が恵まれていない、その場合、同じ職場で給与アップを考えるよりも、高給与・高収入の薬剤師求人を探す方が現実的ではないでしょうか。

転職した結果、年収が100万円以上アップしたというケースもありますから、人材紹介会社のキャリアコンサルタントに相談されてみて下さい。

「自分の能力、専門性を活かせない」も同様です。現在働いている調剤薬局やドラッグストアが向いていないと考えて、他の職場を希望する方もいます。特に病院薬剤師として長く勤務した後、調剤薬局に転職すると上記のように感じる方もいるようです。

その他、転職理由は様々ですが、総じて言えるのは、今よりも条件が良い職場という意識ではないでしょうか。しかし完璧な職場というものはありません。給与が高い分、残業も多いかもしれませんし、大規模な職場の場合、人間関係がギスギスしているかもしれませんね。

今の職場の悪い部分だけでなく、良い部分にも目を向けた上で、冷静に転職活動を行うと良いでしょう

メリットよりデメリットの方が多ければ、自然に転職に意識が向くと思います。働く上で譲れない部分は何なのか、給与なのか、やり甲斐ある仕事なのか、それとも休日が多いことが条件なのか…その辺りを整理することから初めてみて下さい。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら