薬剤師 転職

薬剤師さんの転職に関する本音

薬剤師さんの転職に関する本音を聞いてみました。

「現状、薬剤師転職はしやすい」

「職歴が短くても、次の職場を見つけやすい」

「独身なら全国を転々としながら働く道もあり」

「DS(ドラッグストア)だけの職歴の場合は危機感がある」

「管理薬剤師やエリアマネージャーでも、事務員に頭が上がらないケースがある」

その他の声としては、「人間関係で悩んで退職した」という薬剤師さんも多いですね。転職理由として、人間関係と給与アップが多いようです。

仕事内容では、やはり給与アップに伴って、肉体的・精神的にハードになるようです。

特に管理薬剤師やエリアマネージャーはマネジメント業務もありますから、自分一人の仕事だけでなく、全体を見渡す必要が生じます。その結果、人間関係の悩みを感じている薬剤師さんも多いようです。

また、病院薬剤師に憧れている薬剤師さんもいらっしゃるようですね

病院薬剤師として長く勤務した方が、その後調剤薬局に転職するとレベルの違いを感じると言います。逆に言うと、新卒で病院に勤務できれば、その後のキャリアも充実すると言えるでしょう。

今まで病院で働いた経験が無い場合でも、病院薬剤師の求人を探す方法がありますね。

その場合は、薬剤師専門の人材紹介会社を活用すると良いでしょう。今のあなたの状況を冷静に分析してくれますし、あなたの希望を鑑みた上で、最適な求人を探してくれると思います。

世の中には様々な専門職・資格職がありますが、その中でも薬剤師は恵まれています。年収・給与、転職のしやすさ含めて、非常に有益な資格ですから、キャリアとスキルを重ねていきましょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら