調剤薬局 病院薬剤師

病院薬剤師から調剤薬局へ転職後…

病院薬剤師としてスキルを積んだ薬剤師さんの中には、調剤薬局の仕事のレベルが低いと感じる方もいます。

・DMの意味を知らない
・緊急蘇生時に使う薬を知らない
・臨床薬剤師としての経験がない
・レジメンの意味を知らない

など、薬局で管理薬剤師として働いている方に対しても、上記のような印象を持つことがあるようです。

実際、病院勤務を経験することなく、新卒で調剤薬局に働く方が多いですし、ベッドサイドで患者さんの様子を見たことがない薬剤師が存在するのも当然かもしれません

大切なのは、病院から薬局へ転職した際に、そのような優越感を捨てることではないでしょうか。

調剤薬局を退職する理由として、最も多いのが「人間関係の悩み」です。周囲の薬剤師のプライドが高すぎて…といった理由で薬局を退職、新たな転職先を探される方もいらっしゃいます。

逆に、病院から薬局へ転職された薬剤師さんも、病院よりもレベルが低いという意識を持ち続ける限り、なかなか周囲と馴染めないかもしれません。

病院薬剤師には病院薬剤師の仕事がありますし、薬局薬剤師も同様です。保険薬局は薬剤師が中心の施設ですから、薬剤師さんの意識次第で変えることも可能ですね。

もちろん一口に調剤薬局と言っても、薬局によって薬剤師の質も様々です。勉強熱心な薬剤師さんもいれば、不勉強な方もいるでしょう。それは病院薬剤師でも同じかもしれませんね。

また、たとえばドラッグストアや企業で働く場合は、今までと異なるスキルも要求されますので、その職場に早期に馴染む意識が大切と言えるでしょう。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら