調剤薬局 薬剤師

調剤薬局、ドラッグストアは薬剤師不足です

薬剤師過剰問題

思えばもう何年も言われているような気がしますが、まだ実際にその問題が来ているとは思えません。
もちろん、地域差もあります。

薬剤師数が多い地域、少ない地域とはかなり差があるのが実情ですので。

実際、多くの地域の病院や調剤薬局、ドラッグストアでは薬剤師不足であり、とりあえず薬剤師が面接に来たらよほどでない限りは採用する方向で、というところもあると言います。
それはやはり、人員基準で困るためです。

大手ドラッグストアや薬局チェーンは基本的に拡大路線です。
店舗が増えれば、必要な薬剤師も増えます。
つまり、薬剤師はまだまだ求人が増える傾向にあります。

調剤売上高が多い所として、
・アインファーマシーズ
・日本調剤
・クラフト
・スズケン
・東邦HD

などがあります。

ドラッグストアでは、
・マツモトキヨシ
・サンドラッグ
・ツルハ

などがあります。

薬剤師として今後のキャリアを考えましょう

6年生の薬学生が卒業しはじめ、薬剤師がいきなり過剰になって余る・・・と言ったことはありませんよね。
新卒薬剤師は知識も実践に即したものではないですし、経験不足はやはり否めません。
調剤ミスや患者様の取り違えなどは絶対に許されませんよね

そうした意味では、現場ではやはりある程度キャリアを持った薬剤師と新卒薬剤師(若手)とバランスが取れた構成が望ましいと言えます。

が、現状なかなか難しい所ではあります。

ちなみに、空白の2年と言われる期間がありましたが、それが終わって女性薬剤師の大量退職が発生しさらなる人員不足に陥るケースが起きています。

薬剤師の半数以上は女性です。
女性薬剤師は結婚・出産で退職するケースが多いのですが、空白の2年間は新しい薬剤師の採用が難しいと言うことで退職を待っていた方がとても多いのだそうです。

彼女たちが退職することで、期待した薬剤師は採用できず、退職者は増える・・・という問題に直面している経営者は多いようです。

とはいえ、今後は薬剤師の数が増えて、いずれば薬剤師過剰になる事が考えられます。

年齢にもよりますが、今後のキャリアを考えて、調剤未経験の薬剤師の方は調剤経験が積める薬局へ転職したり、思い切って企業薬剤師として活躍する道を選ぶ方も増えていると言います。

ちなみに、最近では薬剤師からMRへ転職される方も多くなってきています。

どういったキャリアを積むか、時間を取って考えてみるのも良いのかもしれませんね。

業界最大級の求人数!マイナビ薬剤師はこちら